寺院のご紹介「傳通院」


都内有数の名刹、徳川将軍家の菩提寺



「傳通院(でんづういん)」は、今から約600年程前の応永22年(1415)、浄土宗第七祖了誉聖冏上人が開山したお寺です。

当時は小石川極楽水の小さな草庵で、「無量山寿経寺」という名で開創されました。
それから約200年後の慶長7年(1602)、徳川家康公のご生母“於大の方”が逝去され、この「寿経寺」を菩提寺と定められ、於大の方の法名「傳通院殿」から「傳通院」と呼ばれるようになり、徳川家の庇護のもと大伽藍が整えられました。

傳通院墓地の北側にある広大な一画に徳川家の墓域があり、ここに“千姫”を始め、三代将軍徳川家光公正室であった“孝子の方”など、徳川家由縁の方々の古い諸廟所が多く建っています。


また、幕末(江戸時代)の志士で、「浪士組」の幹部であった“清河八郎”や、日本を代表する小説家、詩人である“佐藤春夫”など、著名な方々のお墓も数多くあります。

<孝子の方墓所>
■正式名称:無量山 傳通院 寿経寺
■宗   旨:浄土宗
■開   山:応永22年(1415)
■本   山:総本山「知恩院」
■本   尊:阿弥陀如来


【施設のご案内】

<本堂>

<観音堂>

<繊月会館>

<書院>

<無量寿庭>

<鐘楼堂>


【交通・アクセス】
■所在地
東京都文京区小石川3-14-6

■交通・アクセス
東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」、
都営大江戸線「春日駅」より徒歩9分

大きな地図で見る



傳通院   ペット墓石「ワンハートストーン」  動物供養協議会  西湘ペットメモリアルサービス

(c) 有限会社ヤマト石材