香炉、燭台、花瓶各一つを合わせて「三具足(みつぐそく)」と言います。
香炉、燭台一対、花瓶一対を合わせて「五具足(ごぐそく)」と言います。
「香炉(こうろ)」
前香炉と玉香炉があります。前香炉は
線香をたくための道具で、玉香炉は抹香をたくための道具です。
三具足、五具足の香炉は玉香炉です。
「燭台」
ロウソクを立てる道具です。
灯明(とうみょう)、ロウソク立てや火立てともいいます。
三具足の場合は1本、五具足の場合は2本使います。
「花立て」
お仏壇に供えるお花を入れる
花瓶のことです。
「仏飯器(ぶっぱんき)」
毎朝家族が食べるのと同じご飯一番炊きを仏様にも供えます。
それを盛るためのうつわが「仏飯器」です。
「仏器」とも言います。
「茶湯器(ちゃとうき)」
これは、お茶を供えるための仏具です。
(用いない宗派もあります)
「高杯(たかつき)・供笥(くげ)」
お菓子や果物などを盛るための器です。
お菓子・果物は、高杯の上にじかに置かず半紙などを折って敷いた上にのせます。
「霊供膳(れいぐぜん・りょうぐぜん)」
霊膳ともいいます。お仏壇に供える小型の本膳一式のことです。 一汁三菜の精進料理にするのがふつうです。
お仏壇には、箸が仏様側になる様にお膳をまわして供えます。
「線香差し」
お仏前やお参りをする時に使う線香を入れておく道具です。
「灯籠(とうろう)・リン灯」
仏壇の内部を明るく照らすために置きます。置き灯籠と吊り灯籠があります。宮殿の両側に左右一対で飾ります。
「卓(じょく)」
仏壇内陣で使用する小型の前机です。
須弥壇(しゅみだん)の前の上段か
中段に置き、この上に三具足または
五具足を置きます。
「戸帳(とちょう)」
仏壇の上部の宮殿や厨子に飾る金襴の布です。
「瓔珞(ようらく)」
仏壇の上からつるし、仏様の世界を表すものです。
「打敷(うちしき)」
仏前には、卓(じょく)と呼ばれる机が置かれます。
その卓に挟み込んで使用する
金襴の布です。
一般的には長方形ですが、浄土真宗は三角形を用います。
「鑰(りん)・鑰棒」
お勤めの始めや途中、終わりに内側をたたきます。教えにより一回、二回、三回たたきます。
「経机(きょうづくえ)」
経本をのせる前机です。
前香炉、燭台、鑰、線香差し、マッチ消し、念珠なども乗せます。
「過去帳(かこちょう)」
仏壇に祀られている先祖代々の
戒名(法名)、俗名、行年、命日などを
記したものです。
「伏鑿(ふせがね)」
(宗派によっては使用しません)
鉦吾とも言います。台座の上に置き、読経や称名のときに
撞木(しゅもく)でたたきます。
「木魚(もくぎょ)」
読経や称名のときにたたきます。(宗派によっては使用しません)
「木柾(もくしょう) 」
日蓮宗で使われ、読経のときに木柾揆(もくしょうばい)でたたきます。
「和讚箱(わさんばこ)・和讚卓(わさんじょく) 」
浄土真宗で、親鸞上人の和讚(和文で仏を賛えたもの)を
入れる箱と卓です。
「御文章箱(御文箱)」
浄土真宗で、蓮如上人の文章を納める箱です。