ヤマト石材トップ > 永代供養手続き > 水の苑(にわ)

イメージ

山門を入ると、水の苑。本堂の前庭としてつくられた水の苑は、地・火・風・空 を持ち、釈尊の教えと会員の方々の縁がまるで水面の波紋のように世界中に広がっていく様を表しています。
「碑」
碑は高さ約20cm、縦横10cm角の御影石で出来ています。縁の会入会と同時に俗名を刻名し、9個×9個を一つの塊として水の苑に配置致します。碑の中は空洞になっており、記念品などを納めることができます。
「銘板」
水の苑を囲むところは板敷きの廻廊となっており、その壁にお釈迦様の一生を表した壁画を設置しています。釈尊の誕生から悟り、説法への道、教え、人々との出会いと祈り、そして入滅までを通じて、この世の無常や宇宙観が描かれています。その上部に10cm角の金箔を貼った銘板を設置し、碑と同様にみなさまの俗名を明記致します。
「羅漢堂」
個人のお骨は羅漢堂に納め、会員それぞれの御位牌を安置します。水の苑が、故人を偲びご家族、ご友人がお詣りするための墓であるのに対し、羅漢堂は、故人が静かに眠るための墓といえます。御位牌は入会後すぐにおつくりいたしますが、生前は赤い文字で戒名を記し、ご逝去後に青の文字に変えます。
■水の苑と縁の会の費用
1式
(1人)/80万円(年会費、管理費等の費用はかかりません)
【縁の会、水の苑のご契約内容に含まれるもの】
個人墓 :会員お1人に対し1基、水の苑に縁の碑を設置、ご希望により記念品などを収めます。お骨は納骨堂に安置します。縁の碑には俗名を刻名、御位牌には戒名を刻名いたします。
<戒名>入会した方すべてに、曹洞宗の戒名をお授けします。
<納骨式>会員がご逝去された後、納骨する際は納骨法要を営みます。
<永代供養>:すべてのお墓は、永代にわたりご供養いたします。但し33年間は水の苑および納骨堂にて供養。33年目以降、東長寺内総墓に合祀、引き続き供養。
<縁の会>契約と同時に会員登録いたします。会員向けの法要や催し物、会報の送付などを致します。

【支払方法】
・全額一括支払い(当山の指定講座へ振込)
・提携ローン(支払い回数3〜60回)

※東長寺hpより引用



 

東長寺「水の苑」
東長寺(曹洞宗)緑の会

東京都新宿区四ツ谷4-34
TEL:03-3353-6874 Fax:03-3353-7027

http://www.tochoji.com/index2.html
e-mail: info@tochoji-en.com

 

ヤマト石材トップ > 永代供養手続き > 水の苑(にわ)
 

イメージ